ニキビの原因

ニキビといえば青春の証、などと考えられていた時代もありました。中高生が悩むことが多かったニキビですが、最近では大人がニキビになるのも珍しいことではありません。 しかし実は、ニキビはれっきとした皮膚の病気で、その病名を「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といいます。つまり放っておけばいつかは治る、といった類のものではなく、きちんとしたケアや治療を行わなければならないものなのです。放置しておくと、ニキビ痕として残ってしまい、後悔することになりかねません。

ただ、思春期に発生するニキビも、大人になってからのニキビも原因は同じです。何らかの理由によって毛穴の入り口が詰まってしまうとニキビができやすくなります。 体のなかでも、皮脂の分泌が盛んな箇所はニキビになりやすいです。顔、背中、胸元などがそれにあたります。 これらの場所の皮脂分泌が活発になる原因としては、いくつかのものが挙げられます。 まず、思春期に成長ホルモンの分泌が増えることによりTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。また、この時期男性ホルモンも多く分泌されますが、これは皮脂分泌を活性化し皮膚の角化を促進します。ただ、成人してからも、ストレスによってこの男性ホルモンの分泌が増えてしまうのです。

つまり、ストレスはニキビの原因のひとつのなりうるものです。また、女性で生理前にニキビになりやすくなるのは、黄体ホルモンの分泌によるもので、すでにあるニキビも悪化しやすくなります。 このサイトでは、ニキビの対策や治療法をご紹介します。

[特選サイト]
ニキビ対策用の石鹸や化粧品などの商品を紹介しているサイトです >>> ニキビ 対策

Copyright © 2014 ニキビ対策法 All Rights Reserved.